レンジ相場では、どう対応するのが良いか?

今週の日本市場は、レンジ相場と呼んでいい状況でした。

 

日経平均株価でいうと、おおよそ20,000円~20,500円のレンジ内の動きに終始しています。

 

 

 

レンジ相場では、どう対応するのが良いか?

 

レンジ相場での対応法は、自分が選択する投資手法によって、異なります。

 

 

 

キャピタルゲイン狙いの人の場合

 

キャピタルゲイン(売買差益)狙いの場合、「レンジの下限で買い、レンジの上限で売る」というのが、最もポピュラーなやり方です。

 

 

注意点としては、レンジ相場でなくなる時がいずれ訪れるということです。

 

 

そのレンジ相場でなくなる時に、素早く対応しないと、コツコツと利益を積み重ねていても、ドカンと一発大きな損を出してしまう可能性があります。

 

 

そのような時に、一番使えるのは、W指値注文です。

 

 

W指値は、カブドットコム証券の登録商標ですので、他の証券会社では、ツイン指値やOCO注文と呼んでいますが、要は、指値注文と逆指値注文を一つの注文で出すことです。

 

 

例えば、225連動型ETFを、日経平均株価換算で、20,000円で買っていたと仮定します。

 

 

これに対するW指値注文というと、例えば、「20,500円で指値売り」と「19,900円以下になれば、成行売り」を一つの注文で出すことを言います。

 

 

こうしておけば、予想通りに、株価が上昇した場合は、500円の値幅で利益を上げることができますし、予想に反して、下に振れた場合は、100円程度の値幅の損に抑えることが可能です。

 

 

ただし、大きなGU(ギャップアップ)やGD(ギャップダウン)があった場合は、100円程度の値幅の損に抑えられない場合もあることには、注意が必要でしょう。

 

 

 

インカムゲイン狙いの場合

 

インカムゲイン(配当等)狙いの場合は、基本的には、自分の監視銘柄が、買おうと思っている株価になるまでは、様子見が賢明です。

 

 

インカムゲイン狙いの場合は、指値注文を出しておくか、株価通知メール等に登録して、相場を見ないというのも一つの手だと思います。

 

 

見ると、売買したくなるものだからです。(私が、その一人です。)

 

 

そうして、相場を見ずに、候補銘柄を探しているほうが、無駄な取引をしなくて済みます。

 

 

結果的に、良い候補銘柄が見つかったなんてこともあり得るでしょう。

 

 

インカムゲイン狙いの人は、ぜひ、良い銘柄を見つけてください。