自分に合った投資手法が最良の投資手法

大きく儲かりそうな投資手法を選択してしまいがち

今や世の中には、有料・無料かかわらず非常にたくさんの投資手法に関する情報が溢れかえっています。

かく言う、当サイトも、そのような部類の一つに入るかと思います。

そのような身近にたくさんの情報が溢れかえっていると、ついつい大きく儲かりそうな投資手法を選択してしまいがちです。

まあ、それ自体は仕方のないことですし、実際、本当に大きく儲かる可能性もあるわけですから、試してみるのは必ずしも悪いことではないと思います。

 

 

試してみる時の注意点

実際に試してみる時の注意点は、その投資手法の前提条件です。

考えてみれば当たり前ですが、相場環境が異なれば、最適な投資手法も異なるはずです。

どんな相場環境でも効果があるオールマイティな投資手法というのは存在しません。

したがって、自分が試してみる投資手法は、どのぐらいの資金があり、どのような相場環境なら、「使える」のかを、ある程度、想定しながら、試してみるのが得策です。

さらに言うと、無くなってもいいと思えるほどの金額で投資するのが望ましいです。

 

 

自分に合った投資手法が最良の投資手法

私も過去にいろいろと試してみましたが、結局のところ、自分に合っていないと、ストレスが溜まるばかりで、少しぐらい、たくさん儲けられても、デメリットの方が多いというのが実感です。

では、自分に合った投資手法とは、どのような投資手法でしょうか?

私は、以下の二つを重視しています。

  • 投資金額が自分に合っている
  • 投資手法が自分の性格に合っている

 

投資金額が自分に合っている

この場合、投資金額が自分に合っているというのは、その投資手法を行う上での必要な投資金額が自分に合っているということです。

つまり、その投資手法を行う上で、数百万円の投資資金が必要だとすれば、その数百万円の投資金額が自分に合っているかということです。

例えば、ファーストリテイリング(9983)や任天堂(7974)なら、最小売買単元でも、3百万円~5百万円程度の投資金額が必要なわけです。

これらの銘柄は、自分の思い通りに動いたら、数十万円単位で儲けることもできますが、そもそも、数百万円の投資資金を自分が持っていなければ、取引を行うこともできません。

信用取引を活用すれば、投資金額の約3分の1の資金で、売買できますが、逆方向に動けば、すぐ追証ということにもなりかねませんので、やはり、投資金額が自分に合っているかどうかは重要なポイントです。

 

投資手法が自分の性格に合っている

先のファーストリテイリング(9983)や任天堂(7974)の例で言うなら、1日で、数十万円単位で、儲けることもできますし、逆に損することもできるわけです。

つまり、そのような金額変動の大きい投資手法が、自分の性格に合っているのかをよく吟味する必要があります。

また、短期なのか、長期なのかによっても、明らかに自分の性格に合っているのかどうかというのは、よく分かることだと思います。

例えば、長期だとすれば、夜、安心して寝ることができるかどうかというのが、一つのバロメータになるでしょう。