勝てば官軍

勝てば官軍

「官軍」というのは、正規の軍で、対義語は、「賊軍」で、反乱軍ということになります。

で、「勝てば官軍」というのは、「勝ったら正規の軍」ということで、もう少し言えば、「賊軍だったとしても、勝ったら正規の軍に変わる」ということです。

これらは歴史を振り返れば、非常にたくさんの例があるので、すぐにご理解いただけることでしょう。

 

 

現代は、「勝てば官軍」だらけ

スポーツの世界は、もちろんのこと、ビジネスの世界やその他さまざまな世界において、現代は、「勝てば官軍」だらけです。

勝てば、マスコミが殺到し、ヒーロー扱いです。

逆に、負ければ、粗探しされて、「▲▲だから、××だ。」というように、こき下ろされます。

ただし、昔と同じで、「官軍」と「賊軍」は、しょっちゅう入れ替わりますので、ある日、ヒーローだった人が、何年か後には、こき下ろされることは、よくあることです。

 

 

株の世界も、もちろん同じ

株の世界も、もちろん同じで、「勝っている=儲かっている」限りは、好き勝手なことを言えますし、表に出ることが好きな方なら、メディアの取材を受けて、露出も増えることでしょう。

逆に負ければ、もしくは、あまり勝てていないようだと、チヤホヤされなくなる、もしくは、ボロクソに言われるのがオチでしょう。

 

 

皆さんも勝ってください

別に、みなさんは、「官軍」になりたいわけではないでしょう。

しかし、「自由気ままに暮らしたい」という気持ちは、多いにあるのではないでしょうか?

私は、多いに有ります

したがって、より自由気ままに暮らせるように、投資手法の改良を続け、今なお、「さらにリスクを抑えて、儲ける方法がないか?」と精進している最中です。

まあ、別に、好き勝手なことを言いたいわけでもないでしょうが、やるからには、勝って、資産を徐々に(出来れば、すぐにでも)殖やしていきたいですよね。

ということで、皆さんも勝ちまくってください。