あらゆる投資の中で株式投資が最強だといえる三つの根拠

投資には、様々な種類がありますが、あらゆる投資の中で株式投資が最強だと考えるのは、筆者だけではないでしょう。

 

では、何をもって、あらゆる投資の中で株式投資が最強だといえるのかについて、以下に根拠を挙げてみます。

 

 

株式投資が最強だといえる根拠その1

 

株式投資が最強だといえる根拠その1は、ほぼ確実に儲けることができる方法があることです。

 

 

そのほぼ確実に儲けることができる方法とは、インカムゲイン狙いの投資法です。

 

 

ここでのインカムゲインは、配当金を想定しています。

 

 

配当を実施している企業の場合、よほど業績が赤字でない限りは、ほぼ確実に配当金という名の利益を手に入れることが可能です。

 

 

そして、無配、大幅赤字および倒産しない限りは、配当金はほぼ間違いなく獲得することが可能です。

 

 

この配当金が、利益ということになりますから、銘柄選定さえポイントを押さえていれば、仮に塩漬けにしていたとしても、配当金は貰えることでしょう。

 

 

つまり、利益をほぼ確実に上げることが可能だということです。

 

 

 

株式投資が最強だといえる根拠その2

 

その2は、NISAという非課税制度があるからです。

 

 

通常の株式投資の場合、利益に対して、20.315%の税金がかかります。

 

 

しかしながら、通常の証券口座とは別に、NISA口座を開設し、そのNISA口座内で株式や投資信託を売買すれば、毎年120万円の範囲内であれば、その売買に際して、利益が生じた場合でも非課税となります。

 

 

極端な例を挙げますと、120万円で買った株式を1200万円になった時に売った場合を考えてみて下さい。

 

 

通常の証券口座で売買していれば、売買差益1080万円に対して、20.315%の税金がかかりますので、税金の額は、219.4万円です。

 

 

これがNISA口座であれば、0円で済むわけです。

 

 

まあ、上記は極端な例ですが、このような制度は、現在の日本においては、株式投資だけです。

 

 

参考:金融庁|NISAとは?

 

 

 

株式投資が最強だといえる根拠その3

 

その3は、確定申告をしなくても済む方法があることです。

 

 

株式投資以外の方法で所得があった場合、原則として、確定申告が必要です。

 

 

しかしながら、株式投資の場合は、源泉徴収ありの特定口座を利用していれば、原則として、確定申告は不要です。

 

 

FXの場合は、たまに、脱税で検挙されていたりしますが、株式投資の場合は、このように源泉徴収ありの特定口座を利用していれば、そもそも脱税のしようがありません。

 

 

 

 

まとめ

 

株式投資が最強だといえる根拠は以下の三点です。

  1. ほぼ確実に儲けることができる方法がある
  2. NISAという非課税制度がある
  3. 確定申告をしなくても済む方法がある