投資で勝ち続ける為のちょっとしたコツその1

自分に合った勝てる投資戦略を立てるべし

この世の中には、非常にたくさんの戦略が存在します。

つまり、勝つ方法論は必ず一つしかないということではなく、非常にたくさんあるということです。

何もこれは、株式投資の世界に限った話ではなく、あらゆる勝負の世界で共通のことです。

 

 

「自分に合った」というのがポイント

勝負の世界で勝ち続けるには、「心技体」がそれぞれ大事というのは納得していただけることでしょうが、このことは、株式投資の世界でも同じです。

そして、メンタル面(心)、テクニカル面(技)、フィジカル面(体)が「自分に合った」もしくは、「自分の心技体に合った」勝てる戦略というのが勝ち続ける為には不可欠というのも納得していただけるのではないでしょうか。

 

 

投資の場合の「自分に合った」勝てる戦略とは?

投資の場合で考えてみます。

メンタル面(心)で分かりやすく言うと、「気が長いか短いか?」で「自分に合った」戦略かどうかのおおよその目安を付けられるのではないでしょうか。

気が短い人は、中長期投資には向かない場合が多いでしょうし、気が長い人は、デイトレードのような短期型には向かない場合が多いでしょう。(もちろん、個人差はあると思いますが・・。)

また、テクニカル面(技)で言えば、大別すると、ファンダメンタル派とテクニカル派に分けられますが、中には、両方とも組み合わせた方法が自分には合っているという方もいらっしゃるかもしれません。(私は、どちらかというと、両方ともの組み合わせ派です。)

投資には、フィジカル面(体)は、あまり関係ないように思えるかもしれませんが、デイトレードのように、一日中、画面とにらめっこというようなケースでは、フィジカル面も、とても大事になってきます。

 

 

「自分に合っているかどうか」は、どのように判断すれば良いか?

答えは、「極端なストレスなく、確実に実行できるかどうか」で、判断すれば良いかと思います。

ただし、何回か失敗しながら、また、色々、試しながらでないと、しっくりくる「自分に合った」勝てる投資戦略というのは、なかなか見つけづらいのが、正直なところです。

そのようなことも勝ち続けることが難しい要因の一つではあるでしょう。

 

 

自分に合った勝てる投資戦略を立てるには?

PDCAのサイクルを回すのが、オーソドックスではありますが、最短ルートだと考えます。

その中でも、自分に合ったP(投資プラン)が、いきなりでは、分からないと思います。

この投資プランは、何冊か投資に関する本を読んで、自分(の心技体)に合いそうだというものを、実際に実戦で試してみるのが、一番、近道だとは思いますが、ある程度の出費(損失)も覚悟する必要はあるでしょう。

出費(損失)を避けるなら、バーチャルトレード等で、試してみるのも一つの手ではあります。

その結果をチェックして、自分なりに改善していきます。

これを何回か繰り返せば、「自分に合った勝てる投資戦略を立てる」ことが可能になります。

 

 

私の場合は?

「私の場合は?」と言いますと、最初は、雑誌か何かの推奨銘柄を買うという,よく有りがちなスタートを切りました。

例えば、10%上昇したら利益確定売りで、5%下落したら損切りという、これまた、よく有りがちな投資戦略(と呼ばないような代物ですが・・)を取ったりしました。

また、デイトレードや信用取引の二階建てといった具合に、様々な方法を試した挙句、現在の投資戦略に、辿り着いたというのが実際のところです。

その方法は、他の記事で色々と記載しておりますので、ここでは割愛させていただきます。

 

 

まとめ

  • 投資で勝ち続ける為には、「自分に合った勝てる投資戦略を立てる」必要がある
  • 最初は、投資本などから自分に合いそうな投資戦略を試しつつ、PDCAのサイクルを回す
  • PDCAのサイクルを回しながら、しっくりとくる「自分に合った勝てる投資戦略を立てる」
  • 以降、継続