XXXXXXXを止めたらコンスタントに稼げるようになりました

XXXXXXXは?

 

当ブログを、よくご覧になっている方であれば、すぐに答えが分かるかと思います。(笑)

 

 

答えは、予想に基く売買です。

 

 

つまり、予想に基く売買を止めたらコンスタントに稼げるようになりました。

 

 

ここで、誤解のないように補足しておきますが、私は、予想に基く売買が悪いと言っているわけではありません。

 

 

あくまでも、「私の場合は、たまたま」予想に基く売買を止めたらコンスタントに稼げるようになったというだけの話です。

 

 

たまたま、私の特性に合っていたのだと推測されます。

 

 

で、その要因として考えられることについてですが、私の場合、予想に基く売買をしていた時は、勝ったり負けたりを繰り返していました。

 

 

この勝ったり負けたりというのが、私の特性に合っていなかったのでしょう。

 

 

ここで、予想に基く売買と言っているのは、以下のような考え方です。

  • 昨晩の米国市場は上昇したので、今日の日本市場も上昇するに違いない。だから、寄り付きに成り行きで買って、5%上昇したところで、指値で売ろう。

 

 

一見すると有りがちな予想に基く売買です。

 

 

問題となるのは、予想が外れた時です。

 

 

上記の場合だと、寄り付きに成り行きで買った後に、下げた時です。

 

 

一般的には、含み損が小さい内に、損切りすればいいというように言われるかもしれません。

 

 

もっと言えば、「損切りが出来るようになってはじめて一人前」みたいな言われ方をしたりします。

 

 

しかし、私は、「一人前」にはなれなかったようです(笑)

 

 

そこで、そもそも、損切りをする必要性がない投資(トレード)の方法を取れないか、考えている内に、今のような投資法に辿り着いたということですね。

 

 

では、「その方法は?」ということが気になるかと思います。

 

 

その方法という意味では、これも、いたって平凡です。

 

 

そもそも予想に基かないので、極論で言えば、米国市場が上昇しようが下落しようが、また、日本市場が上昇しようが下落しようが関係ありません。

 

 

私の場合は、ベースとなるのは、高配当株を計画的に買って、その買った内のほとんどを計画的に売って、残った分を半永久的に保有するというものです。

 

 

買う時は、基本、配当利回りが5%以上からスタートして、買った後に下げたら、自分の資金に合わせて、ナンピン買いするだけです。

 

 

その後、どこかで、株価が反発したら、最小単元分以上の利益が確保できる価格で、最小単元分以上を残して、売るだけです。

 

 

で、残った最小単元以上の株式については、半永久的に保有するという作戦です。

 

 

半永久的に保有できる状態になるまでの期間は、銘柄によって、マチマチですが、数週間から数カ月といったところでしょうか。

 

 

高配当株の他に、先物取引も行っていますが、こちらは、方法が異なりますが、予想に基いて売買していないところは同じです。