ほぼ無敗に欠かせないモノはXXXXです!

ほぼ無敗の定義

 

ほぼ無敗の定義は、一括りの取引で、損失を出さないこととしています。

 

 

 

その前提で、ほぼ無敗に欠かせないモノは、私の場合、夜間取引です。

 

 

 

 

夜間取引

 

夜間取引と言っても、実際に、板を見て、ずっと取引するというわけではありません。

 

 

 

基本は、逆指値注文です。

 

 

 

で、なぜ、夜間取引が欠かせないのかというと、米国市場が大きく動いている最中に、その流れに沿って、取引できるからです。

 

 

 

これが、夜間取引が出来ないとしたら、翌日の大きなギャップ後に、取引せざるを得ないことになります。

 

 

 

例えば、昨晩(10/16)は、その典型例です。

 

 

 

以下の日経平均の日足チャートを見ても分かるように、本日は、大きなギャップアップで始まり、そのまま大きく窓を空けた形で終了しています。

 

 

 

私は、昨晩の夜間取引(先物の場合、ナイト・セッションと呼ばれています)が始まる前は、売り越し状態でした。

 

 

 

夜間取引がなければ、本日の開始時点から大きく含み益が減っているところでしたが、夜間取引で、逆指値注文を出していた御蔭で、売り越し状態を解消することが出来ていました。

 

 

 

もちろん、今も、夜間取引(厳密には日通し)で、逆指値注文を入れています。

 

 

 

夢配投資研究会