損切り(ロスカット)は、必要か?不要か?

損切り(ロスカット)とは?

 

損切りとは、ロスカットとも呼ばれ、その名の通り、損を切ることです。

 

 

損を切るとは、(含み)損が、それ以上拡大しないように、損失額を確定させることを言います。

 

 

反対は、利益確定ということになるでしょう。

 

 

 

 

損切り(ロスカット)は、必要か?不要か?

 

当サイトも含めて、投資に関するサイトの広告には、「ロスカットなど一切不要」といったキャッチフレーズのものを、よく見かけると思います(笑)

 

 

その内容については、全く知りませんので、その投資法が、本当に、「ロスカットなど一切不要」なのかどうかは、言及することはできません。

 

 

では、肝心の「損切りは、必要か?不要か?」について、結論から申し上げますと、「投資戦略によって、損切りは、必要であったり、不要であったりします。」ということになります。

 

 

この答えでは、みなさんの知りたいことの答えになっていないと思いますので、少し表現を変えますが、ご了承下さい。

 

 

つまり、「損切りの不要な投資法は存在します。」

 

 

例えば、次のような投資戦略(と言うかどうかは分かりませんが。)を取っていれば、損切りは不要です。

  • 含み損になれば、塩漬けにし、含み益が出るまでホールドする

 

 

ただ、この投資戦略を採用する人は、あまりいないと思いますので、現実的ではありませんよね。

 

 

では、次のような投資戦略では、いかがでしょうか?

  • 好財務好業績高配当株を株価が下げたらナンピン買いし、最終的には半永久的に保有する

 

 

この投資戦略であれば、損切りせずに、定期的に配当金という名の利益(インカムゲイン)を上げられる可能性が高いです。

 

 

逆に、「損切りが必要な投資戦略」は、売買差益(キャピタルゲイン)を積極的に獲得する場合で、資金もあまり多くない場合です。

 

 

この場合は、資金を回さないと(売買を繰り返さないと)、定期的に利益を上げることは難しくなります。

 

 

もちろん、売買を繰り返さずに、一発ドカンと大きな差益を狙うという投資戦略もあるでしょうが、その場合は、一発ドカンとならなかった場合や、考えた方とは逆の一発ドカンとなった場合は、その投資戦略は破綻することになります。

 

 

したがって、普通は、何回も小さな損切りを行い、数回の大きな利益確定を行う必要がありますので、「損切りは必要」ということになります。

 

 

私の場合は、前者に近く、好財務好業績(もしくは、そこそこの業績)高配当株を、リスクを実質無くした形で、半永久的に保有する投資戦略を取っていますので、損切りは、基本的に不要となっています。

 

 

ただし、これまで、そのような基準で買った銘柄の全てを半永久的に保有しているわけではなく、一部の銘柄は、手放しています。(その場合も、一応、利益は出ていますので、損切りにはなっていませんが。)

 

 

例えば、大塚家具<8186>を過去には保有していた時期がありましたが、業績の改善が見込まれませんでしたので、高配当の維持は難しいと判断し、手放しました。

 

 

現在の状況は、ご存じの通りだと思います。

 

 

 

 

まとめ

  • 損切り(ロスカット)が必要か?不要か?は、投資戦略による
  • 投資戦略によっては、損切りは必要(主として、少資金のキャピタルゲイン狙い)
  • 投資戦略によっては、損切りは不要(主として、そこそこの資金がありインカムゲイン狙い)
  • 損切りが不要な投資戦略でも、状況が変われば、損切りが必要になる場合もある