SBI証券の口座開設手順

最終更新日:2019年1月20日

 

今回は、これから株式投資を始めようとお考えの人に最適な証券会社の一つであるSBI証券の証券口座開設手順をご説明します。

 

 

SBI証券をオススメする理由

  • 1日の売買代金合計が10万円以下の場合、売買手数料0円のため

 

これから株を始めようとする人の場合、まずは、少額から始めるケースが圧倒的に多いと考えられます。

ということは、売買手数料が、結構、大事になってきます。

そのようなこともあり、売買手数料が0円のプランがあるSBI証券をオススメしています。

売買手数料が0円のプランがある証券会社は、他にも、松井証券や楽天証券もありますが、SBI証券の場合は、現物取引と信用取引が別々で、カウントされますので、後々、株式投資に慣れてきて、信用取引も行いたい場合に有利だからです。

また、トータル的に、どの売買代金でも業界屈指の格安手数料になっています。

ということで、早速、以下に、SBI証券の口座開設手順をご説明します。

 

 

 

証券口座開設手順

 

【手順0-1】

  • 以下のリンクをクリックし、口座開設ページに行きます。

SBI証券

 

 

【手順0-2】

  • そうすると、以下の画面が表示されますので、「口座開設はこちらボタンをクリックします。

 

【手順1-1】

  • そうすると、以下の「SBI証券 口座開設申込フォーム」の入力画面が表示されますので、各入力項目に入力していきます。
  • できれば、事前に、本人確認書類(免許証等)とマイナンバー(通知カード等)の画像データを用意しておけば、申し込み手続きがWEBで完結しますので、大変、便利です。

  • ここでは、事前に本人確認書類(免許証等)とマイナンバー(通知カード等)の画像データを用意できているものとし、「WEBアップロード」で、手続きを進めていく手順をご説明します。

 

 

【手順1-2】

  • 上記【手順1-1】の画面で、「WEBアップロード」のチェックボックスにチェックを入れると、以下のような画面が表示されます。
  • ここでは、「通知カード」を選択する例を表示しております。
  • 事前に用意した「本人確認書類(免許証等)」と「通知カード」の画像データを「アップロード」ボタンを押して、アップロードします。
  • 画像データは、スキャナをお持ちの方であれば、スキャナでパソコンに取り込んでもいいですし、お持ちでなければ、スマホ等のカメラで撮影し、WEBメール(YahooメールやGmail等)経由で、ご自分のパソコンの任意のフォルダに保存してもいいでしょう。
  • その保存したフォルダから、「本人確認書類(免許証等)」と「通知カード」の画像データを選択し、「アップロード」ボタンを押せば、アップロードが出来ます。
  • 続いて、その下の[ | お名前・ご連絡先 等について]以下の各項目についても、入力し、一番下の「次へ」をクリックします。

(中略)

 

 

【手順2】

  • そうすると、以下のような「包括告知及び届出、電子交付サービス等の承諾、重要書類の同意」画面が表示されますので、内容確認の上、「確認画面へ」をクリックします。

(中略)

 

 

【手順3】

  • 次に、以下のような画面が表示されますので、一番上か一番下の方の「お名前・ご住所・生年月日およびその他の項目を確認して申し込む」ボタンをクリックすれば、申し込み手続き自体は完了です。

(中略)

 

 

上記のように、本人確認書類(免許証等)とマイナンバー(通知カード等)の画像データをWEBでアップロードする方法で申し込めば、こちらから、書類等を送ることなく、手続きが完了します。

 

 

実際に、取引できるようになるのは、本人確認書類等の審査が完了して、口座開設完了の「本人限定郵便」が郵送された後になりますが、おおよそ一週間程度でお手元に届くかと思います。