2301(学情)

学情(2301)の2018年10月期中間決算は大幅増収増益↑

 

最終更新日:2018年6月11日

本日、学情(2301)が、2018年10月期中間決算発表を行いました。

結果は、以下の通りです。

 

 

2018年10月期中間決算(2018年6月11日発表)

  • 売上高:2,818百万円(前期比+16.7%)
  • 営業利益:579百万円(同+61.5%)
  • 経常利益:643百万円(同+50.3%)
  • 当期利益:439百万円(同+32.1%)

 

 

2018年10月期本決算予想(2018年6月11日発表)

  • 売上高:6,200百万円(前期比+10.3%)
  • 営業利益:1,700百万円(同+21.3%)
  • 経常利益:1,800百万円(同+18.3%)
  • 当期利益:1,240百万円(同+1.6%)
  • 年間1株配:34円(直近公表予想より修正無)

 

 

業績は絶好調で最高益更新の見込み

中間決算では、ほぼ期初予想通りという結果になり、大幅増収増益となりました。

業績は絶好調の模様で、このまま、普通にいけば、最高益更新の見込みです。

 

 

10月決算銘柄は、絶対数が少ないので、利回りは低い

学情(2301)の本日の終値は、1,510円ですので、予想配当利回りは、2.25%となります。

10月決算銘柄の中では、絶対数が少ないので、この利回りでも高配当の部類ですが、高配当狙いの私としては、物足りない利率です。