2391(プラネット)は連続増配継続

プラネット(2391)が2018年7月期本決算発表を行いました

 

最終更新日:2018年9月14日

本日、2018年7月期本決算発表を行いました。

結果は、以下の通りです。

 

 

2018年7月期本決算(2018年9月14日発表)

  • 売上高:2,998百万円(前期比+0.8%)
  • 営業利益:705百万円(同+2.7%)
  • 経常利益:718百万円(同+1.9%)
  • 当期利益:536百万円(同+12.1%)
  • 年間1株配:40円

 

 

2019年7月期本決算予想(2018年9月14日発表)

  • 売上高:3,060百万円(前期比+2.0%)
  • 営業利益:615百万円(同-12.8%)
  • 経常利益:630百万円(同-12.4%)
  • 当期利益:420百万円(同-21.8%)
  • 年間1株配:40.5円(同0.5円増配)

 

 

メーカー卸間の電子データ通信・交換(EDI)仲介会社

日用雑貨業界とインテックが設立した会社です。

出資比率は、以下となります。

  • ライオン:16.0%
  • 日本マスター信託口(インテック):15.9%
  • ユニ・チャーム:4.5%
  • 資生堂:4.5%
  • サンスター:4.5%
  • ジョンソン:4.5%
  • エステー:4.5%
  • 日本製紙クレシア:4.5%
  • 牛乳石鹸共進者:4.5%
  • プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン:2.6%

 

 

2019年7月期も連続増配予想

2019年7月期の業績予想は、微増収2ケタ減益予想となっています。

 

これは、2019年10月に施行される消費税軽減税率制度への対応に伴うシステム改修費用を一時の費用として処理することによる売上原価の増加及び一部業務のアウトソーシングや最新の通信・システム技術に関する研究開発等に伴う販売費及び一般管理費の増加によるものです。

 

予想配当に関しては、0.5円増配の40.5円と連続増配予想となっています。