7751(キヤノン)が2018年12月期中間決算発表

キヤノン(7751)が2018年12月期中間決算発表

 

最終更新日:2018年7月26日

本日(7月26日)、キヤノン(7751)が、2018年12月期中間決算発表を行いました。

 

 

2018年12月期中間決算(2018年7月26日発表)

  • 売上高:1,967,099百万円(前期比+0.1%)
  • 営業利益:175,046百万円(同+4.8%)
  • 経常利益:195,880百万円(同+10.3%)
  • 当期利益:134,783百万円(同+8.5%)
  • 中間配当実績:80円

 

 

2018年12月期本決算予想(2018年7月26日発表)

  • 売上高:4,120,000百万円(前期比+1.0%)
  • 営業利益:378,500百万円(同+17.7%)
  • 税引き前利益:410,000百万円(同+15.9%)
  • 当期利益:280,000百万円(同+15.7%)
  • 年間1株配:未定

 

 

通期業績予想を下方修正

上記中間決算発表にあわせて、通期業績予想の下方修正も発表しました。

通期の売上高は前回予想の4兆3,000億円から4兆1,200億円に、同営業利益は前回予想の4,040億円から3,785億円に、それぞれ下方修正しています。