7965(象印マホービン)

象印マホービン(7965)が2018年11月期中間決算発表

 

最終更新日:2018年6月28日

本日、象印マホービン(7965)が、2018年11月期中間決算発表を行いました。

 

 

2018年11月期中間本決算(2018年6月28日発表)

  • 売上高:47,854百万円(前期比-1.1%)
  • 営業利益:5,259百万円(同-14.9%)
  • 経常利益:5,519百万円(同-15.0%)
  • 当期利益:3,745百万円(同-13.3%)

 

 

2018年11月期本決算予想(2018年6月28日発表)

  • 売上高:86,400百万円(前期比+1.2%)
  • 営業利益:7,200百万円(同-8.0%)
  • 経常利益:7,600百万円(同-10.5%)
  • 当期利益:5,200百万円(同-2.6%)
  • 年間1株配:30円

 

 

通期業績予想を下方修正

象印マホービン(7965)の2018年11月期中間決算は、日本国内の炊飯ジャーの売上の減少および利益率が低下したため、微減収大幅減益となりました。

あわせて、2018年11月期の通期業績予想を下方修正しています。

期末配当は、従来予想と変わらずです。