株初心者が知っておいた方が良い12月の2大季節要因

stock-december-1

株初心者が知っておいた方が良い12月の2大季節要因

 

株初心者にとって、分からないことの方が多いと思いますが、1年を通して、色々な季節要因が存在します。

特に、12月は、相場に大きく影響を及ぼす2つの季節要因があります。

 

1つ目は、12月は多くの企業で、冬のボーナスが支給されることです

特に、今年のように、株式市場が賑わっている時は、ボーナスで株を始めようという人も一定数はいると思われます。

つまり、あまり、株式投資について、詳しくない人も多く参戦してきますので、いわゆる個人投資家の割合が結構増えます。

このことにより、結構、ボーナスの後は、相場が堅調なことが多いです。何せ、みなさん、買う気が旺盛ですので。

ただし、あまり詳しくない人が多いということは、少し不安なことがあると、過剰に反応することにも繋がりますので、ひとたび、マイナス方向に力が働くと、その振れが大きくなるというのも特徴の一つとして、認識しておいた方がいいでしょう。

 

 

2つ目は、節税対策の売りです

株式投資の場合、特定口座の源泉徴収有にしておけば、利益が出た時は、その利益に対する税金を証券会社が計算して、源泉徴収してくれます。

では、「損失が出た時は?」というと、既に源泉徴収されたものがあれば、それと損益を通算して、税金を還付してくれます。

いま、「損失が出た時は?」というように言いましたが、含み損の場合は、損を確定していないので、この損益通算の対象にはなりません。

したがって、それまでに利益が出ていて、厳選徴収されているなら、含み損がある銘柄の損を確定して、既に源泉徴収された税金を還付してもらった方が、トータルでは得になるという計算です。

このような損益通算目的での売りが、節税対策の売りということです。

毎年のように、12月になると、折を見て、そのような解説がされていたりしますから、耳にしたことがある人もいらっしゃることでしょう。

 

 

 

まとめ

12月の2大季節要因は、以下の通りです。

  • ボーナスでの買いが増える
  • 節税対策の売りが増える

差し引きすれば、0のような気がしますが、そうならないのが、ある種、相場の不思議なところでもあります。