株初心者がリスクを抑えてコツコツ殖やすための3ステップ

stock-beginner-3step

【ステップ1】初めての人でも簡単!まずは証券口座を開設する!

株式投資を始めるためには、まず、証券会社に証券口座を開設しなければなりません。

初めての人からすると、とても難しいことのように思われるかもしれませんが、案外、というか、すごく簡単です。

 

どの証券会社にするか?

証券口座を開設しようとして、一番最初に悩むのが、「どの証券会社にするか?」だと思います。

かなり、たくさんの証券会社がありますので、それも無理はないと思います。

そんなあなたにオススメするのは、2、3社の証券会社に口座を開設するということです。

どの証券会社も大差ないようにも思えますし、全然違うような気がしますよね。

細かい使い勝手が、自分に合うかどうかは、やはり使ってみないと分からない部分もあります。

いわゆるネット証券であれば、口座開設料や口座管理料はいずれも不要ですので、

口座を開設するだけなら、特段費用は発生しません。

口座を開設するというと何だか難しいような気がするかもしれませんが、WEBで簡単に申し込みできますので、ご心配には及びません。

いっぱい有りすぎて決められないという人に、オススメするのは、以下の二社です。

 

  1. SBI証券
  2. GMOクリック証券

 

SBI証券は、ネット証券最大手で、手数料も格安です。特に、一日の売買代金合計10万円以下の場合は、手数料0円となっていますので、少額から始める株初心者にとって、非常に魅力的です。

また、米国株も手掛ける場合に、米国貸株サービスを提供しているのは、現在、日本国内では、SBI証券だけですので、どこか一社だけに口座開設するのなら、このSBI証券がオススメです。

GMOクリック証券は、貸株サービスを利用する場合にオススメです。なぜなら、貸株サービスを提供している証券会社の中で、ほとんどの銘柄の貸株金利(貸株料)が、一番高いからです。

グロース株狙いで、中長期に保有するのなら、毎月分配型投資信託の分配金のようなイメージで、毎月、貸株金利(貸株料)が貰えますので、ぜひとも有効活用したいところです。

両証券会社の口座開設手順は、以下で説明していますので、これから、口座を開設するという方は、参考にしてください。

 

 

 

 

本人確認書類をアップロードする手順で行えばWEB上で新規口座開設手続きは完結

WEBから申し込み手続きをする場合、本人確認書類をアップロードする手順で行えば、WEB上で新規口座開設手続きは完結します。

本人確認書類は、免許証が一般的ですが、今は、個人番号(マイナンバー)を、口座開設時、証券会社に届け出る必要がありますので、個人番号(マイナンバー)カードをお持ちの場合は、こちらで手続きするのが、カンタンです。

なお、通知カードでも申し込み手続きは出来ますが、どのみち、別で免許証等の本人確認書類が必要となりますので、個人番号(マイナンバー)カードをお持ちであれば、こちらで手続きした方がアップロードが一回で済みます。

個人番号(マイナンバー)カードの申し込み手続きについては、以下の記事でまとめていますので、参考にしてください。

 

 

口座開設手続き自体は、10分程度で出来るカンタンなものです。

口座開設手続きが終了すれば、証券会社から「口座開設完了のご案内(本人限定受取郵便)」が送られてくるのを待つだけです。

 

 

【ステップ2】年利5%以上でリスクを抑えて運用する為の銘柄選定法

証券口座の開設が完了したら、投資資金を入金します。

いくらぐらいを投資資金とするかは個人差の大きいところです。

ただ、一つ言えるのは、「余裕資金」で行うということです。

このことについては、あちらこちらで言われていることなので、耳にしたこともあると思います。

そもそも、株式投資は、元本が保証されていません。

つまり、投資した金額が極論で言えば、ゼロになる可能性もあるわけです。

したがって、極論で言えば、ゼロになっても構わないと思える投資資金の額にしておく必要があります。

と、少し脅してしまいましたが、これから、ご紹介する方法を取っていれば、リスクを抑えることは十分可能ですので、その点は、ご安心ください。

 

年利5%とは?

これから、ご紹介する方法は、リスクを抑えて、年利5%以上、資産が殖えるように運用する方法をご紹介します。

そもそもの「年利5%とは?」を以下に説明します。

例えば、投資資金を100万円用意したと仮定します。

この場合の年利5%とは?

100万円×5%(0.05)=5万円

つまり、1年間で100万円の投資資金から5万円の利益を上げれば、それが年利5%です。

ただし、説明簡略化の為、売買手数料や税金等は考慮しないものとし、以降の説明も同様とします。

 

 

リスクを抑えて運用するとは?

実は、年利5%といっても、その利益の種類には以下の2つがあります。

① キャピタルゲイン

売買差益のことです。

つまり、株価1,000円の銘柄Aを1,000株買ったとして、1年後に株価が1,050円になったところで1,000株売れば、

(1,050-1,000)×1,000=50,000 [円]

となり、この5万円が売買差益となります。

実際には、株価が1,000円の銘柄は、50円以上は、株価は上下するでしょうが、ここでは説明の為ですので、その点はご了承ください。

 

② インカムゲイン

インカムゲインの例で、一番分かりやすいのが、配当です。

先程の銘柄Aの例で言いますと、同じく、株価1,000円の銘柄Aを1,000株買ったとして、1年間に貰える配当の金額が1株当たり50円だったとします。

そうすると、1,000株では、

50×1,000=50,000 [円]

と、こちらも5万円になります。

同じ5万円ですが、①の場合と②の場合では、その中身は全く異なります。

この違いが大きなポイントです。

 

 

リスクを抑えて運用するなら「 ② インカムゲイン 」狙いの方針が良い

あなたもお分かりだと思いますが、大きく儲けようとするなら、「 ① キャピタルゲイン 」狙いの方が、その可能性は、断然高いです。

しかし、大きく損する可能性も高くなります。

もちろん、銘柄選定にもよりますが、仮に、銘柄選定が上手くいったとしても実際に大きく儲けることが出来るかどうかは、かなり不透明です。

なぜなら、大きく儲けが出るところで、売れて、はじめて、大きく儲けがでるのですが、ほとんどの人は、大きく儲かる前に売ってしまうからです。

反対に、銘柄選定が上手くいかず、買ってすぐに、大きく値下がりし、いわゆる、「 塩漬け 」になる可能性の方が高いのではないでしょうか。

 

リスクを抑えて運用する為の銘柄選定法

もうお分かりだと思いますが、当サイトでご紹介する方法は、「 ② インカムゲイン 」狙いの中長期投資で年利5%を目指すというものです。

短期間で大きく儲けたい人からすると退屈で面白みのない投資法かもしれません。

しかし、銘柄選定を誤らなければ、買った時点で、ほぼ利益は確定です。

では、「実際の銘柄選定はどのようにするのか?」について、説明します。

 

理想の銘柄選定基準

  • 年間配当利回り5%以上
  • PBR1倍以下
  • 自己資本比率50%以上
  • 有利子負債0
  • 業績が良い
  • 増配傾向

 

あくまでも理想ですので、実際には、全てを満たす銘柄は期待薄です。

したがって、これらの基準をなるべく満たすものを選定していくというのが実際のところとなります。

 

 

【ステップ3】複利の力でコツコツ殖やす為に出来る簡単な2つのこと

【ステップ2】では、年利5%以上を目指す銘柄選定法を説明しました。

しかし、年利5%程度では満足できないという人も多いのではないでしょうか。

そういう方の為に、この【ステップ3】では、もう少しコツコツ殖やすことができないのかについて考えていきます。

 

単利とは?

元金によって生じる利子のことを単利といいます。

【ステップ2】で説明した年利5%は、実質、単利にあたります。

ただし、通常、単利というと預金等に対して使う用語です。

つまり、元金は変わらないという前提です。

株式の場合は、買った時の株価から金額が上下している可能性が高いですので、その点は注意が必要です。

 

複利とは?

元金に生じる利子を次の元金に組み入れて、(元金+利子)によって生じる利子のことを複利といいます。

例えば、元金が100万円とし、毎年の利率を5%とすると

単利の場合は、

1年後の利子:5万円(=100万円×5%)

2年後の利子:5万円(=100万円×5%)

というイメージです。

一方、複利の場合は、

1年後の利子:5万円(=100万円×5%)

2年後の利子:5万2千5百円(=105万円×5%)

2年後ぐらいだと、たいして変わりませんが、5年、10年と経てば、大きな差となります。

 

 

コツコツ殖やす為に出来る簡単な2つのこと

  1. 利益(配当)を再投資する
  2. 必要に応じて銘柄を入れ替える

 

①利益(配当)を再投資する

利益を大きく伸ばそうとすると、複利の力を利用する必要があります。

その為には、配当は再投資する。

これが基本です。

 

②必要に応じて銘柄を入れ替える

【ステップ2】で銘柄選定基準を説明しましたが、買う時だけでなく、随時、確認する必要があります。

 

 

随時のタイミングは?

こまめにチェックするのは大変ですので、配当のお知らせが届いた時に確認すればいいでしょう。

ただし、配当のお知らせが届いた時には、「時、すでに、遅し。」というケースもあるかもしれません。

したがって、より望ましいのは、四半期決算のタイミングでしょう。

四半期決算時には、将来の業績見通しや配当方針等も発表するケースが多いですので、それをチェックしていれば、だいたいの傾向は掴めます。