株初心者が知っておくべき株式投資3つの基本

stock-three-basic

株初心者が知っておくべき株式投資3つの基本

 

株初心者にとっては、分からないことだらけかもしれません。

本記事では、色々ある内の基本中の基本3つについて、説明します。

 

 

基本①:2種類の利益

株式投資で利益を上げる方法は、大きく分けて2種類あります。

1つは、キャピタルゲイン(売買差益)で、もう1つは、インカムゲイン(配当等)です。

前者のキャピタルゲインは、売買差益ということですので、「安く買って高く売る」か「高く空売りして、安く買い戻すか」のどちらかです。

後者のインカムゲインは、配当や株主優待等です。

 

 

基本②:投資期間

投資期間は、「短期」、「中期」、「長期」の3種類あります。

「短期」は、デイトレード等が該当するでしょう。

「短期」の場合は、メンタル面含めて、職人技を身に付ける必要があるでしょう。

「中期」は、スイングトレード等が該当するでしょう。

数日から数週間にかけて、投資するケースが多いです。

基本は、株式チャートに基づいたテクニカル投資が主流です。

「長期」は、バリュー投資等が該当するでしょう。

割安に放置された銘柄をコツコツと買い集めて、じっくり保有するのが王道で、数年から数十年という長期間に渡って投資する人が多いようです。

 

 

基本③:順張り・逆張り

「張る」というと、「相場を張る」とかの「張る」で、「トレードする」というような意味になるかと思います。

したがって、「順張り」は、「順トレード」、つまり、株価の流れに順じたトレードということです。

つまり、上昇局面では、「買い」、下降局面では、「売り」が、「順張り」ということになります。

一方の「逆張り」は、「順張り」の全く逆です。

つまり、上昇局面では、「売り」、下降局面では、「買い」が、「逆張り」ということになります。

要は、流れに逆らっているわけです。

どちらが良いとかではなく、自分の資金量と性格を考慮した上で、選択する必要があります。

 

 

目標設定→3つの基本

3つの基本は、もちろん大切ですが、実は、その前の目標設定がキモだったりするわけです。

中には、「できるだけ儲ける」というようなアバウトな目標の人もいるかもしれませんが、「最低限の目標」と「理想の目標」の2つの目標設定をするのがオススメです。

そして、その2つの目標を達成するのに、自分は、どのような投資をすればいいのかで、3つの基本を選択していくわけです。

例えば、1年で資金を2倍にするという目標を設定したとすると、3つの基本は、以下のような選択をまず考える必要があるでしょう。

基本①:キャピタルゲイン

基本②:短期から中期

基本③:順張り

ただし、株初心者は、大きな金額から始めずに、小さな金額から始めて、コンスタントに利益を上げられるようになってから、徐々に資金を増やしていくほうが望ましいでしょう。