高配当株投資のメリットとデメリット

高配当株投資のメリット

 

高配当株投資のメリットとしては、以下の二点が挙げられます。

 

 

保有しているだけで高配当が貰える

 

なんといっても、高配当株の一番のメリットは、保有しているだけで高配当が貰えることです。

 

 

したがって、銘柄選定さえ誤らなければ、「買って、そのまま、ほったらかし」にしておけば、年に数回、自動的に、配当金を手に入れることができます。

 

 

配当利回りは、安い時に買うことができれば、5%を超えるような銘柄もあるわけですから、短期の利益を必要としないのなら、非常に楽な投資ではないでしょうか。

 

 

 

下への価格抵抗力が比較的強い

 

高配当株の場合、配当金額が一定であると仮定するなら、株価が下げると、配当利回りは上がります。

 

 

他の銘柄と比べて、株価が下げると、買いたい人が、わりと多く出てくるため、結局あまり株価が下がらないケースが多いです。

 

 

つまり、下への価格抵抗力が比較的強いと言えます。

 

 

特に、好財務好業績の高配当株の場合は、顕著です。

 

 

 

 

高配当株投資のデメリット

 

逆に、高配当株投資のデメリットとしては、以下の二点が挙げられます。

 

 

含み損が拡大するケースが多い

 

高配当株投資の場合、逆張り、つまり、株価が下げて、配当利回りが高くなったところで買うケースが多くなります。

 

 

先程のメリットのところで、「下への価格抵抗力が強い」と説明しましたが、株価、もしくは、配当利回りによっても異なります。

 

 

例えば、好財務好業績の銘柄が、配当利回り5%を超えるようなことは、滅多にありません。

 

 

したがって、仮に、好財務好業績の銘柄を、配当利回り5%になったところで、買い始めたとすれば、「下への価格抵抗力は非常に強い」と思われますので、含み損が、それほど拡大することは稀です。

 

 

これを、配当利回りが、3%を超えたあたりで、買い始めたとしたら、5%前後まで下げる可能性はありますので、含み損は拡大することになります。

 

 

要は、配当利回りがいくらぐらいから買い始めるかによって、含み損が拡大するかどうかは違ってきますが、いずれにしても、逆張りの投資法になりがちですので、基本は、含み損が拡大する方向だということです。

 

 

ただし、配当狙いで、基本、ホールドの立場を取るなら、含み損が拡大しても、問題にはなりませんので(精神的にはストレスになるかもしれませんが)、それほどデメリットにはならないでしょう。

 

 

 

お金が回らない

 

高配当株投資の場合、配当利回りが高くなる時、つまり、株価が安い時に買って、そのまま、保有し続けるのが一般的です。

 

 

例えば、資金が100万円だとして、配当利回りが5%の銘柄Aを100万円分、現物買したとすれば、一般的には、そのまま、ホールド、つまり、保有したままのケースが圧倒的に多いでしょう。

 

 

仮に、銘柄Aが好財務好業績だったとしたら、せっかく、配当利回りが5%で買えたのですから、株価が上がっても、売りたくないはずです。(私なら売りません。)

 

 

ということは、現物取引だけだと、お金は、ほとんど回りません。

 

 

もちろん、配当金の5万円は、毎年、入ってきますので、この5万円を再投資すれば、お金が回るといえますが、いずれにしても、年に数回しか、そのようなチャンスは訪れません。

 

 

したがって、お金を積極的に回そうとするなら、資金をある程度、確保してから、高配当株投資を行うのが理想と言えるでしょう。