【大阪万博】関連の高配当株はコレです

当サイトも含めて、すでに、色々なサイトで、大阪万博の関連銘柄が上がってきていますが、その中から、2018年11月22日現在の終値で、配当利回りが3%以上の銘柄を5つピックアップしてみました。

 

配当利回りが高い順に、ご紹介します。

 

 

イチケン<1847>

  • 11/22終値:2,111円
  • 最低購入金額:211,100円
  • 配当利回り:3.79%
  • 決算:3月末
  • PER:5.01倍
  • PBR:0.85倍
  • 自己資本比率:34.9%
  • 概要:マルハンが筆頭株主の建築中堅会社

 

 

 

ユニゾホールディングス<3258>

  • 11/22終値:2,375円
  • 最低購入金額:237,500円
  • 配当利回り:3.37%
  • 決算:3月末
  • PER:8.05倍
  • PBR:0.71倍
  • 自己資本比率:14.1%
  • 概要:不動産事業とあわせ、ホテル事業も展開

 

 

 

鹿島建設<1812>

  • 11/22終値:1,522円
  • 最低購入金額:152,200円
  • 配当利回り:3.15%
  • 決算:3月末
  • PER:8.14倍
  • PBR:1.10倍
  • 自己資本比率:33.9%
  • 概要:スーパーゼネコンの一社

 

 

 

住友倉庫<9303>

  • 11/22終値:1,418円
  • 最低購入金額:141,800円
  • 配当利回り:3.14%
  • 決算:3月末
  • PER:17.81倍
  • PBR:0.67倍
  • 自己資本比率:55.7%
  • 概要:倉庫大手で夢洲コンテナターミナルの株主

 

 

 

住友電気工業<5802>

  • 11/22終値:1,566.5円
  • 最低購入金額:156,650円
  • 配当利回り:3.06%
  • 決算:3月末
  • PER:9.77倍
  • PBR:0.79倍
  • 自己資本比率:50.4%
  • 概要:電線最大手で、同社会長が現在、関経連の会長

 

 

 

なお、私は、マイルールで配当利回りが5%を超えてからしか買わないことにしていますので、おそらく、当面、買えないと思われます。