監視中の高配当株9銘柄の其の後2019年1月18日現在

2019年1月11日の終値ベースでスクリーニングした高配当株の其の後ということで、1月18日の終値と配当利回りをまとめました。

 

監視中の高配当株9銘柄は、すべて、株価が上昇し、配当利回りは下がりました。

 

記載の順番は、1月11日の予想配当利回りの高い順のままとなっていますので、1月18日の順番だと一部、逆転するところもありますので、ご注意ください。

 

三井物産<8031>

◆株価1月11日:1,738円(4.60%)

◆株価1月18日:1,772円(4.51%)

◆年間1株配:80円(2Q=40円、4Q=40円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:1,600円

 

 

NTN<6472>

◆株価1月11日:338円(4.44%)

◆株価1月18日:352円(4.26%)

◆年間1株配:15円(2Q=7.5円、4Q=7.5円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:300円

 

 

MS&AD<8725>

◆株価1月11日:3,206円(4.37%)

◆株価1月18日:3,289円(4.26%)

◆年間1株配:140円(2Q=70円、4Q=70円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:2,800円

 

 

アマダHD<6113>

◆株価1月11日:1,028円(4.28%)

◆株価1月18日:1,079円(4.08%)

◆年間1株配:44円(2Q=21円、4Q=23円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:880円

 

 

丸紅<8002>

◆株価1月11日:795.4円(4.27%)

◆株価1月18日:818.9円(4.15%)

◆年間1株配:34円(2Q=17円、4Q=17円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:680円

 

 

NTTドコモ<9437>

◆株価1月11日:2,575円(4.27%)

◆株価1月18日:2,579.5円(4.26%)

◆年間1株配:110円(2Q=55円、4Q=55円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:2,200円

 

 

長谷工コーポレーション<1808>

◆株価1月11日:1,230円(4.07%)

◆株価1月18日:1,242円(4.03%)

◆年間1株配:50円(2Q=10円、4Q=40円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:1,000円

 

 

ヤマハ発動機<7272>

◆株価1月11日:2,219円(4.06%)

◆株価1月18日:2,277円(3.95%)

◆年間1株配:90円(2Q=45円、4Q=45円)

◆決算:12月末日

◆配当利回りが5%となる株価:1,800円

 

 

三菱商事<8058>

◆株価1月11日:3,091円(4.04%)

◆株価1月18日:3,103円(4.03%)

◆年間1株配:125円(2Q=62円、4Q=63円)

◆決算:3月末日

◆配当利回りが5%となる株価:2,500円

 

 

 

 

ご参考(保有銘柄)

 

上記銘柄は、私が既に、保有している以下の銘柄を除外しています。(銘柄コード順)

  • 積水ハウス<1928>
  • JT<2914>
  • 三菱ケミカルHD<4188>
  • 武田薬品工業<4502>
  • 日本精工<6471>
  • 日産自動車<7201>
  • 伊藤忠商事<8001>
  • 東京エレクトロン<8035>
  • 住友商事<8053>
  • 三井住友FG<8316>
  • 松井証券<8628>

 

 

 

しばらく監視が続きそうな気配

 

2019年1月18日(現地日付)の米国市場は、ダウ、ナスともに1%超えの上昇で終了しています。

 

米中貿易問題が解決しそうという情報に基づくものです。

 

この調子でいくと、しばらく監視が続きそうな気配です。

 

ただ、米中貿易問題に関しては、今は良い方の情報が出ていますが、どこかで悪い方の情報が出て、ハシゴを外される可能性もあるのではないかと考えております。

 

その時は、ひょっとすると、買いの好機となるかもしれませんね。