株初心者にとって今は儲けやすい投資環境です。ただし、今後は要注意

kabu-beginner1

株初心者にとって今は儲けやすい投資環境です。ただし、今後は要注意

 

株初心者にとって、買い時も難しいですが、売り時も難しいです。

そのような株初心者にとって今は儲けやすい投資環境です。

なぜなら、多くの銘柄は、いつ買ったとしても、しばらく保有していれば、株価が上昇しているからです。

いわゆる、BUY&HOLD(買って、保有している)だけで、良いわけですから、これほど儲けやすいタイミングは、そうそうありません。

 

 

難しいのは、今後!

これまでは、上記の通り、BUY&HOLDで良かったわけですが、今後も同様で良いのかと言われれば、そういうわけにはいかないでしょう。

したがって、今後、新たに買おうとした場合は、高値掴みになる可能性も十分、考えておく必要があるでしょう。

では、具体的に、どのようにすれば良いのかということになりますが、ある意味、いつでも、やるべきことは同じです。

それは何かというと、以下の2つです。

  1. 買った後に、上げたら、どうしますか?
  2. 買った後に、下げたら、どうしますか?

 

1.買った後に、上げたら、どうしますか?

『買った後に、上げたら、どうしますか?』と聞かれれば、「もちろん、売る」と答えられるかもしれませんが、『では、いくらで売りますか?』ということですね。

この場合、選択肢としては、以下の3パターンぐらいでしょうか。

 

① 〇〇〇円で売る

② 買値から〇〇%値上がりしたら売る

③ 直近高値から〇〇%値下がりしたら売る

 

3パターンの中でオススメは、③です。

いわゆる「トレーリングストップの売り」というやつです。

この方式ですと、より高い株価を追求しながら、急な下げにも対応が可能だからです。

上記は、「売る」場合ですが、これまで同様、HOLD、つまり、保有したままという選択肢も、もちろんあります。

 

 

2.買った後に、下げたら、どうしますか?

当然のことながら、株価が上がり続けることはありません。

特に、今のような高値警戒感が強い状態ですと、下げ出すと、一気に下げる場合も往々にしてあります。

相場格言では、「上げ100日、下げ3日」などと言われたりします。

つまり、上げる時は、じわじわと100日ぐらい掛かって、やっと、ここまで上げたのに、下げる時は、その上げた分を3日しか掛からずに下げるというニュアンスで用いられます。

まあ、今回の場合は、わりと、すんなりと上げた感はありますが、それでも下げる時は、もっと下げ足が早い場合が多いというのは、覚えておいて、損はないと思います。

自分が買う時は、下げるような気がしない人が、なかには、おられるかもしれませんが、本来は、上げる場合と下げる場合の両パターンで、どう対応するのかを予め決めた上で、エントリーするのがベターです。

自分が買ってから、含み益のある状態で下げた場合は、少しでも利益が出る株価で売ればいいですが、買った後に、すぐ下げた場合が厄介です。

この場合は、選択肢としては、以下の3パターンぐらいでしょうか。

 

①〇〇〇円で売る(損切りする)

②買値から〇〇%値下がりしたら売る(損切りする)

③ナンピン買いする

 

①と②は損を確定することになるので、株初心者の場合、躊躇する人も多いかもしれません。

他で利益がたくさん出ていれば、まだ良いでしょうが、そうでなければ、なかなか出来ない選択かもしれません。

では、③がオススメかというと、今回の場合は、一律には言えません。

このあたりが、株式投資の一番ポイントとなる部分というか、ある意味、難しい部分です。

③をオススメできるのは、以下の条件を満たす場合です。

  • 信用リスクが限りなく低い場合(倒産する可能性が限りなくない場合)
  • 高配当株である場合
  • 業績が悪くない場合
  • 今後もある程度、株価が下がるとして、さらに下げた場合も買えるだけの資金が潤沢にある場合

上記条件を満たせない場合は、やはり、損切りするのが得策と言えるでしょう。