逆日歩・貸借倍率を知るのに役立つサイト

stock-gyakuhibu

逆日歩・貸借倍率を知るのに役立つサイト

 

信用取引を行う上で、逆日歩が発生しているのかどうかや貸借倍率を把握しておくことは、非常に大切です。

 

実は、この逆日歩や貸借倍率の情報を提供しているサイトがあります。

 

 

 

日証金速報

 

そのサイトの名前は、日証金速報です。

 

日証金とは、日本証券金融株式会社の略称で、証券会社に、資金、株券を貸している組織です。

 

つまり、個人投資家から見た場合、制度信用取引を行う時は、最終的に、この日証金から、資金や株券を借りているということになります。

 

 

 

日々公表される信用取引残高の唯一の情報

 

日本の株式市場全体の信用取引残高ではありませんが、日々公表される信用取引残高の情報としては、唯一の情報となりますので、市場動向を把握する為にも、知っておいた方がいい情報です。

 

 

 

貸借取引とは?

 

貸借取引とは、字の通りですが、「貸したり」、「借りたり」する取引です。

 

「貸す」側は、通常、証券金融会社です。

 

証券金融会社は、現在は、日証金の1社だけになっています。

 

「借りる」側は、通常、(個人)投資家です。

 

「貸す」のは、資金、もしくは、株券です。

 

つまり、信用買いの場合は、資金を貸し、信用売りの場合は、株券を貸すということです。

 

 

 

貸借倍率とは?

 

この信用買いの残高と信用売りの残高を株数ベースの倍率で表したものが、貸借倍率です。

 

1倍を超えると、買い残の方が多く、1倍を下回ると、売り残の方が多いことを表しています。

 

 

 

逆日歩とは?

 

逆日歩は、「ぎゃくひぶ」と読みます。

 

逆日歩とは、言葉そのものから読み取ると、「逆」になったことによる、「日」あたりの「歩合」となります。

 

一般的には、信用買い残が多いのですが、その状態が転し、信用売り残の方が多くなると、株券が不足する事態になります。

 

その株券が不足した状態を解消するために、(機関)投資家から、「追加でレンタル料を支払うので、株券を貸して下さい」ということを行います。

 

この時の「追加のレンタル料」が「歩合」ということになります。

 

 

 

ポイントは?

 

売り方(売り建てしている人)からすると、逆日歩は、追加のコストとなります。

 

そのままのポジション(売りポジション)であれば、毎日、逆日歩という追加コストを払う必要が出てくるわけですから、好ましくありません。

 

その状態で株価がさらに上昇すれば、諦めて、買い返済する人も出てくるでしょう。

 

このことは、逆日歩以前に、貸借倍率が低い、つまり、売り残が多い場合も同様です。

 

特に、制度信用取引の場合は、6ケ月という返済期限が設けられています。

 

したがって、売り残は、6ケ月以内には、買い返済を行わないといけませんし、逆に、買い残は、6ケ月以内には、売り返済を行わないといけません。

 

つまり、売り残の場合は、将来的な買い需要があり、買い残の場合は、将来的な売り需要があるというのが分かります。