連続増配企業ランキング

stock-increasing-dividend

最終更新日:2020年5月23日

連続増配期数については、確定期数でカウントしています。

従来は連続増配年数という表現を使っていましたが、決算期の変更が一部の企業では実施されていますので、連続増配期数という表現に変更しました。

今後、業績および配当が不透明なケースが増えてくると考えられますが、確定期数でランキングしていますので、当ランキング表では影響はありません。(結果論ですが・・・。)

決算期は、上記連続増配期数の確定している期の年/月です。

配当は、今期の1株あたりの年間予想配当金額です。

今期とは、これから今後、決算発表が行われる期のことを指しています。

ただし、今期の1株あたりの年間予想配当金額は、未定も多いですので、今後の状況によっては、連続増配がストップする可能性もあります。

順位社名コード期数
(期)
決算期
(年/月)
配当
(円)
1花王44523019/12140
2SPK74662220/03未定
2ユー・エス・エス47322220/03未定
4小林製薬49672119/1275
4三菱UFJリース85932120/03未定
6リコーリース(※1)85662020/0395
7トランコム90581920/03未定
8プラネット23911819/0740.5
8ユニチャーム81131819/1232
8沖縄セルラー94361820/03154
8リンナイ59471820/03110
8芙蓉総合リース84241820/03220
8シスメックス68691820/03未定
8KDDI94331820/03120
8サンドラッグ99891820/0368
8東京センチュリー84391820/03136

(※1):当ランキング表では、2000年3月期の株式分割による実質増配をカウントしておりません。したがいまして、2001年3月期から2019年3月期までの19期連続として、ランキングしています。

↓ 銘柄名の前の [年月日] は、直近の本決算発表日です。

[2020年1月31日] 小林製薬<4967>

小林製薬<4967>は、2020年1月31日に、2019年12月期本決算発表を行いました。

2019年12月期の年間配当金額は、73円となりました。

2020年12月期の予想年間配当金額は、75円です。

 

[2020年2月4日] 花王<4452>

花王<4452>は、2020年2月4日に、2019年12月期本決算発表を行いました。

2019年12月期の年間配当金額は、130円となりました。

2020年12月期の予想年間配当金額は、140円です。

 

[2020年2月13日] ユニチャーム<8113>

ユニチャーム<8113>は、2020年2月13日に、2019年12月期本決算発表を行いました。

2019年12月期の年間配当金額は、28円となりました。

2020年12月期の予想年間配当金額は、32円です。

 

[2020年4月24日] 沖縄セルラー<9436>

沖縄セルラー<9436>は、2020年4月24日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、145円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、154円です。

 

[2020年4月27日] SPK<7466>

SPK<7466>は、2020年4月27日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、72円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、新型コロナウイルス感染症の影響で、未定です。

 

[2020年4月30日] トランコム<9058>

トランコム<9058>は、2020年4月30日に、2019年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、104円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、新型コロナウイルス感染症の影響で、未定です。

 

[2020年5月8日] リコーリース<8566>

リコーリース<8566>は、2020年5月8日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、90円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、95円です。

 

[2020年5月8日] リンナイ<5947>

リンナイ<5947>は、2020年5月8日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、98円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、110円です。

 

[2020年5月8日] 芙蓉総合リース<8424>

芙蓉総合リース<8424>は、2020年5月8日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、205円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、220円です。

 

[2020年5月12日] シスメックス<6869>

シスメックス<6869>は、2020年5月12日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、72円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、新型コロナウイルス感染症の影響で、未定です。

 

[2020年5月12日] ユー・エス・エス<4732>

ユー・エス・エス<4732>は、2020年5月12日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、55.4円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、新型コロナウイルス感染症の影響で、未定です。

 

[2020年5月14日] KDDI<9433>

KDDI<9433>は、2020年5月14日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、115円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、120円です。

 

[2020年5月16日] サンドラッグ<9989>

サンドラッグ<9989>は、2020年5月16日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、68円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、68円です。

※予想通りなら連続増配はストップします。

 

[2020年5月20日] 東京センチュリー<8439>

東京センチュリー<8439>は、2020年5月20日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、136円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、136円です。

※予想通りなら連続増配はストップします。

 

[2020年5月22日] 三菱UFJリース<8593>

三菱UFJリース<8593>は、2020年5月22日に、2020年3月期本決算発表を行いました。

2020年3月期の年間配当金額は、25円となりました。

2021年3月期の予想年間配当金額は、新型コロナウイルス感染症の影響で、未定です。

 

[2019年9月13日]プラネット<2391>

プラネット<2391>は、2019年9月13日に、2019年7月期本決算発表を行いました。

2019年7月期の年間配当金額は、40.5円となりました。

2020年7月期の予想年間配当金額は、40.5円です。

※予想通りなら連続増配はストップします。

 

 

 

(参考)

以下は、参考までに、連続増配がストップした企業を記載しておきます。

 

しまむら<8227>

しまむら<8227>は、2019年4月1日に、2019年2月期本決算発表を行いました。

2019年2月期の年間配当金額は、200円となりました。

2018年2月期の年間配当金額は、240円でしたので、40円の減配、つまり、連続増配期数は、17期でストップとなりました。

 

 

明光ネットワークジャパン<4668>

明光ネットワークジャパン<4668>は、2019年10月10日に、2019年8月期本決算発表を行いました。

2019年8月期の年間配当金額は、30円となりました。

2018年8月期の年間配当金額は、42円でしたので、12円の減配、つまり、連続増配期数は、20期でストップとなりました。