貸株サービスの貸株料と信用取引の貸株料は同じ?

stock-lending-1

貸株サービスの貸株料は?

 

貸株サービスとは、個人投資家等が保有している株を証券会社に貸すことによって、貸し賃(レンタル料のようなものと言えば分かりやすい?)が得られるサービスです。

この貸し賃のことを、貸株料といいます。

もしくは、貸株金利といったりします。

証券会社は、個人投資家等から借りた株を機関投資家等に貸します。

尚、松井証券の預株制度(貸株サービスと同様のもの)の場合は、貸し先は、日証金のみです。

 

 

 

信用取引の貸株料は?

信用売建の際に、証券金融会社(日証金)から株を借りるための借り賃(レンタル料のようなものと言えば分かりやすい?)を貸株料といいます。

当然ながら、信用売建する側の個人投資家等が証券金融会社(日証金)に支払うことになります。

 

 

 

貸株サービスの貸株料と信用取引の貸株料は同じ?

結論から言いますと、「貸株料」という意味合い自体は同じです。

貸株サービスの「貸株料」は、個人投資家等が受け取ります。

信用取引の「貸株料」は、個人投資家等が支払います。

このように、同じ「貸株料」を受け取る方か、支払う方か、という立場の違いです。

少し紛らわしいですが、ご理解いただけましたでしょうか。