貸株料(貸株金利)の高い銘柄が多い証券会社は、どこか?

stock-lending-fee

最終更新日:2019年1月26日

 

貸株サービスを提供している証券会社は、2019年1月26日現在6社です。

 

この6社の一般向けウェブサイトで貸株料(貸株金利)を調べてみました。

 

 

松井証券

松井証券は、高金利銘柄については、ログインしなくても閲覧可能な一般向けウェブサイトで、毎週、公表しています。

 

2019年1月28日適用分では、貸株金利が10%以上の銘柄は、1銘柄となっています。

 

松井証券

 

 

 

楽天証券

楽天証券は、一般向けウェブサイトで、全ての銘柄の貸株金利を、毎週、公表しています。

 

表示期間以降の貸株金利は、会員向けウェブサイトにログインする必要があります。

 

2019年1月28日適用分では、貸株金利が15%以上の銘柄は、1銘柄、10%以上の銘柄は、5銘柄となっています。

 

 

 

カブドットコム証券

カブドットコム証券は、貸株サービスの一部のボーナス銘柄については、一般向けウェブサイトで公表しています。

 

カブドットコム証券の貸株金利の変更は原則として、毎月1回のようです。

 

対象銘柄や貸株金利については、許可なく利用してはいけない旨の但し書きがありますので、ここでの記載は、割愛させていただきます。

 

 

 

マネックス証券

マネックス証券は、2019年1月26日現在では、一般向けウェブサイトで公表していませんでした。

 

会員向けウェブサイトにログインすれば、確認は可能です。

 

 

 

 

SBI証券

SBI証券は、10%以上貸株金利適用中の銘柄および10%以上へ貸株金利を適用した銘柄および貸株金利を変更した銘柄について、一般向けウェブサイトにて公表しています。

 

2019年1月28日適用分では、貸株金利が10%以上の銘柄は、3銘柄となっています。

 

 

 

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、貸株サービス対象銘柄の全ての貸株金利を、一般向けウェブサイトで、当該週と翌週の二週間分、公表しています。

 

2019年1月28日適用分では、貸株金利が15%以上の銘柄は、1銘柄、貸株金利が10%以上の銘柄は、7銘柄となっています。

 

現物キャンペーンバナー

 

 

 

結果

ご覧の通り、一般向けウェブサイトで確認できる範囲で申し上げますと、貸株料(貸株金利)の高い銘柄が多い証券会社は、GMOクリック証券です。