株式投資で、損切りは、必要か?不要か?

stock-loss-cut

株式投資で、損切りは、必要か?不要か?

 

損切りは、「必要か?」「不要か?」と尋ねれば、多くの人が、「必要」と答えるのではないでしょうか。

投資に関する多くの書籍でも、損切りは、勝つ上で必要不可欠なことだと書かれています。

しかし、そうでしょうか?

「そんなの当たり前だろ」

と、言われそうですが、

「実は、必ずしもそうではない」

と、敢えて言わせていただきます。

 

 

損切りが必要なケース

そもそも色々な投資手法が、この世の中には存在します。

したがって、投資手法によっては、損切りが必要なケースは、もちろんあります。

それは、主に資金が少なく、効率良く「お金」を回す必要がある短期売買を主体とした投資手法のケースです。

このケースの場合、含み損を抱えたまま、「お金」を眠らせていると、投資活動がストップしてしまいますので、投資戦略自体が成り立たなくなります。

しかし、これは、「損切り」を小さく繰り返したとしても、大きく利益を上げることができて、はじめて、意味を成します。

ところが、多くの人は、損切りを繰り返すだけで、大きく利益を上げることができていないので、「損切り貧乏」になってしまうわけです。

ですので、損切りをしなくてもいい投資手法を選択するほうが賢明だと思います。

 

 

損切りしなくていい方法

「損切りしなくていい方法などあるのか?」と思われるかもしれませんが、結論から申し上げますと、「あります。」

しかも、カンタンです。

以下の条件を全て満たすような株式投資手法の場合は、損切りは不要です。

  • 信用リスクがほとんどない銘柄に投資
  • キャピタルゲインではなく、インカムゲインで利益を上げる投資
  • 中長期投資
  • 現物取引

この株式投資手法の場合、ハッキリ言って、短期間で大きく儲けることは難しいです。

しかし、損切り貧乏になるよりは、よほどマシだと思うのですが、いかがでしょうか?