高配当株ランキング 2017年11月17日現在

stock-high-dividend-6

高配当株ランキング 2017年11月17日現在

全上場企業の内、2017年11月17日現在の高配当株のTOP10をランキングしました。

配当利回りについては、各社から公表されている予想配当金額を基に算出しています。

予想配当金額を公表していない会社は、ランキングから除外しています。

 

順位コード銘柄名1株
配当
配当
利回り
1位3528プロスペクト4.07.02%
2位2408KG情報41.95.20%
3位7201日産自動車53.04.95%
4位4918アイビー化粧品250.04.80%
5位2411ゲンダイエージェンシー25.04.62%
6位7523アールビバン30.04.50%
7位8304あおぞら銀行184.04.48%
8位8186大塚家具40.04.42%
9位7863平賀20.04.41%
10位2428ウェルネット50.04.39%

 

 

プロスペクト(3528)の配当利回りは、7.55%から7.02%へ

11月10日に増配を発表したプロスペクト(3528)の予想配当利回りは、11月10日の7.55%から11月17日の終値では、7.02%となりました。

まだ、7%台をギリギリ保っている状況です。

ただし、配当を貰える権利が確定するのは、まだかなり先です。

 

【1位】プロスペクト(3528)

2017年11月10日に2018年3月期中間決算発表済です。

売上高は前期比-12.6%の3,486百万円となりましたが、特別利益を計上したため、当期利益は、1,903百万円となりました。

あわせて、期末配当予想を3円から4円に増配しました。

その結果、11月10日の終値57円での配当利回りは、7.02%となっています。

 

【2位】KG情報(2408)

2017年10月6日に2017年12月期3Q決算発表済です。

大幅減収減益となり、2017年12月期本決算の経常利益を前回発表の410百万円から154百万円に下方修正しました。

中間決算発表時にも、下方修正していますので、これで、2度目の下方修正ということになります。

 

【3位】日産自動車(7201)

2017年11月8日に2018年3月期中間決算発表済です。

前期比で増収減益となりました。

無資格者による完成検査問題の影響などで通期の営業利益予想を6,850億円から6,450億円に下方修正しました。

配当予想は、変わらずです。

 

【4位】アイビー化粧品(4918)

2017年11月9日に2018年3月期中間決算発表済です。

上記の前に、2018年3月期中間期および通期の業績予想を下方修正していました。

配当予想は変わらずです。

 

【5位】ゲンダイエージェンシー(2411)

2017年10月13日に2018年3月期中間決算発表済です。

前期比で、大幅な減収減益となりました。

あわせて、2018年3月期通期の業績予想を下方修正しています。

配当予想は、変わらずです。

 

【6位】アールビバン(7523)

2017年11月10日に2018年3月期中間決算発表済です。

前期比で大幅増収増益となりました。

配当予想は、変わらずです。

 

【7位】あおぞら銀行(8304)

2017年11月13日に2018年3月期中間決算発表済です。

四半期配当実施企業です。

 

【8位】大塚家具(8186)

2017年11月6日に2017年12月期3Q決算発表済です。

前期比で、減収赤字額拡大となりました。

依然として経営状況は厳しいままです。

配当予想は、変わらずです。

 

【9位】平賀(7863)

2017年11月10日に2018年3月期中間決算発表済です。

2017年11月2日に中間決算および本決算の業績予想を下方修正しています。

2018年3月期中間決算は、前期比で、減収減益となりました。

配当予想は、変わらずです。

 

【10位】ウェルネット(2428)

2017年10月31日に2018年6月期1Q決算発表済です。

前期比で大幅減収減益となりました。

配当予想は変わらずです。