高配当株ランキング2017年12月29日現在

stock-high-dividend-6

高配当株ランキング2017年12月29日現在

 

全上場企業(高配当株)の配当利回りランキングを表にまとめました。

2017年12月29日時点の終値(最終売買値)で配当利回りを算出しています。

年間1株配当金額 ÷ 終値(最終売買値)× 100 = 配当利回り [ % ]

配当利回りについては、各社から公表されている予想配当金額を基に算出しています。

予想配当金額を公表していない会社は、ランキングから除外しています。

また、当日、約定が無かった会社も、ランキングから除外しています。

 

順位コード銘柄名1株
配当
配当
利回り
1位3528プロスペクト4.06.25%
2位2408KG情報41.95.71%
3位4918アイビー化粧品250.04.82%
4位8186大塚家具40.04.73%
5位7201日産自動車53.04.72%
6位2411ゲンダイエージェンシー25.04.55%
7位3948光ビジネスフォーム23.04.38%
8位7603マックハウス40.04.25%
9位6417SANKYO150.04.23%
10位2428ウェルネット50.04.23%

 

【1位】プロスペクト(3528)

2017年11月10日に2018年3月期中間決算発表済です。

売上高は前期比-12.6%の3,486百万円となりましたが、特別利益を計上したため、当期利益は、1,903百万円となりました。

あわせて、期末配当予想を3円から4円に増配しました。

【参考記事】高配当株1位プロスペクト(3528)の配当利回りは7.55%

 

 

【2位】KG情報(2408)

2017年10月6日に2017年12月期3Q決算発表済です。

大幅減収減益となり、2017年12月期本決算の経常利益を前回発表の410百万円から154百万円に下方修正しました。

中間決算発表時にも、下方修正していますので、これで、2度目の下方修正ということになります。

※注意事項※ 2017年12月期権利付き最終売買日→2017年12月15日(決算日が12月20日の為)

 

 

【3位】アイビー化粧品(4918)

2017年11月9日に2018年3月期中間決算発表済です。

上記の前に、2018年3月期中間期および通期の業績予想を下方修正していました。

配当予想は変わらずです。

 

 

【4位】大塚家具(8186)

2017年11月6日に2017年12月期3Q決算発表済です。

前期比で、減収赤字額拡大となりました。

依然として経営状況は厳しいままです。

配当予想は、変わらずです。

※注意事項※ 2017年12月期権利付き最終売買日→2017年12月26日(決算日が12月末日の為)

 

 

【5位】日産自動車(7201)

2017年11月8日に2018年3月期中間決算発表済です。

前期比で増収減益となりました。

無資格者による完成検査問題の影響などで通期の営業利益予想を6,850億円から6,450億円に下方修正しました。

配当予想は、変わらずです。

 

 

【6位】ゲンダイエージェンシー(2411)

2017年10月13日に2018年3月期中間決算発表済です。

前期比で、大幅な減収減益となりました。

あわせて、2018年3月期通期の業績予想を下方修正しています。

配当予想は、変わらずです。

 

 

【7位】光ビジネスフォーム(3948)

2017年11月7日に2017年12月期3Q決算発表済です。

前期比で、増収減益となりました。

配当予想は、5円増配の23円です。

※注意事項※ 2017年12月期権利付き最終売買日→2017年12月26日(決算日が12月末日の為)

 

 

【8位】マックハウス(7603)

2017年10月11日に2018年2月期中間決算発表済です。

前期比で減収増益となりました。

ただし、10月10日に業績予想を下方修正しています。

配当予想は、変わらずです。

 

 

【9位】SANKYO(6417)

2017年11月9日に2018年3月期中間決算発表済です。

前期比で減収赤字幅拡大となりました。

配当予想は変わらずです。

 

 

【10位】ウェルネット(2428)

2017年10月31日に2018年6月期1Q決算発表済です。

前期比で大幅減収減益となりました。

配当予想は、変わらずです。