投資で儲ける為の秘訣

stock-secret

投資で儲ける為の秘訣

 

投資で儲ける為の秘訣をよく質問されますので、今回は、そのことを記事にしてみます。

投資は、いうまでもなく、勝負の世界です。

ということは、他の多くの勝負の世界と同じことが言えます。

どのようなことが言えるかというと、以下のようなことです。

  • 基本および基礎を、しっかりと身につけること
  • 勝負のルールをよく理解していること
  • 心技体のバランスが大切であること
  • 「引き出し」を、ある程度の数は持っていること

 

1つ目から3つ目の項目までは、すごく当たり前のことです。

4つ目の項目は、言うならば、3つ目の項目の「技」に相当するものですが、これが一番の秘訣ですので、敢えて、独立した項目にしています。

 

 

「引き出し」とは?

「引き出し」とは、いわゆる投資スキルと呼ばれているものです。

これは、全ての人が同じ「引き出し」を持っていないといけないというものでもありませんし、数が多ければいいというものでもありません。

プロ野球で例えるなら、ホームランバッターであれば、ホームランを打てるスキルを持っていないといけませんし、アベレージヒッターであれば、ヒットを量産できるスキルを持っていないといけません。

もっと言えば、高速のストレートを打つスキルやカーブやスライダーといった変化球を打つスキルも必要でしょう。

多い方がいいですが、必ずしも、全てのスキルを持っている必要はありません。

人によっては、自分の苦手な球種やコースは、「ファールで逃げる」というスキルを持っているかもしれません。

このように考えれば、全てのスキルを持っている必要はありませんが、プロとして、勝負の世界で生き残っていくには、ある程度の数は持っている必要があるというのは、ご理解いただけることでしょう。

 

投資の「引き出し」(私の場合)

投資の「引き出し」(私の場合)について、一例を挙げてみます。

私の場合は、スキルというような高度なものではなく、どちらかというと、スキルがなくても、仕組みとして儲けられるような方法を考えたといったほうがいいのかもしれません。

 

引き出し①:トレンド把握

これまでの投資経験で、自分はデイトレード等の短期売買には向いていないと悟りましたので、中長期投資に絞ることにしました。

中長期投資を行う上で欠かせないのが、このトレンド把握の「引き出し」です。

と言っても、難易度は比較的低めです。

この引き出しを作る(スキルを身に付ける)には、移動平均線入りの日経平均株価のチャートを、長期、中期、短期と順に分析していき、その分析結果をノート等にメモしておくことです。

分析するサイクルは、最低でも1週間に一度はしたいものです。

そして、その都度、自分なりにトレンド分析を行い、過去に行ったものと実際に今がどうなのか、そして、未来がどうなりそうなのかを比べることを繰り返していけば、この「引き出し」を作れるでしょう。

この引き出し①は、どのような投資手法を取るにしても、作っておいた方が良い引き出しです。

次からは、仕組み的な引き出しです。

 

引き出し②:リスク0株

もちろん単独で考えた場合は、どこまでいってもリスクが付いてくるのが投資です。

これを仕組み的に、実質リスク0にする「引き出し」です。

リスク0株を作るといった方がいいかもしれません。

 

引き出し③:株価が上に往っても下に往ってもOK

これも仕組み的な「引き出し」です。

リスク0株から派生した「引き出し」でもあります。

引き出し①のトレンド把握で、基本となる大きな流れを認識した上で、株価が上に往っても下に往ってもOKの「引き出し」を用いることに意味があります。

 

引き出し④:お小遣い付きの成長株

言ってしまえば、貸株サービスを利用して、貸株料(貸株金利)を貰いながら、化けるのを待つだけです。

ただし、銘柄選定を行う上で、一工夫が必要なのと、買うタイミングも入念に図る必要がありますので、これらを総合した「引き出し」です。

さらに詳しい情報については、別記事にて、ご紹介しています。

 

【関連記事】利乗せの信用買いで稼ぐ方法

【関連記事】仮の利益確定でリスクを抑えて売買する方法