中長期投資家が決算発表後にしなければいけないたった1つのこと

株式投資で中長期投資家が決算発表後にしなければいけないたった1つのこと

 

3月決算企業の2018年3月期本決算発表がピークを越えました。

決算発表に一喜一憂した方も多かったのではないでしょうか?

中長期投資家であれば、通常であれば、ほぼほったらかしという方も多いとは思います。

そのような中長期投資家でも決算発表後にしなければいけないたった1つのこととは何か?

お分かりになられるでしょうか?

 

 

継続保有するか否かの判断

答えは、「継続保有するか否かの判断」です。

多くの企業は、本決算発表時には、翌期の業績予想や配当予想も併せて発表します。

株価は、それらに反応して、大きく上昇したり、逆に、大きく下落したりします。

その時に、自分の投資基準と照らし合わせて、「継続保有するか否かの判断」が必要なわけです。

 

 

インカムゲイン重視なら

当サイトでご紹介しているようなインカムゲイン重視なら、翌期の配当予想が判断基準の大きなウェートを占めます。

当期と同じレベル以上であれば、そのまま継続保有すればいいでしょうし、そうでない時は、より条件の良い別の銘柄に乗り換えた方が無難でしょう。

ただし、中には、翌期の配当予想を公表しない企業もありますので、その時は、別のモノサシのウェートを上げて判断が必要です。

 

 

業績予想も大事ですが・・

もちろん、業績予想も大事な判断ポイントです。

なお、インカムゲイン重視なら、業績は、あまり悪くなければ、配当は予定通り実施されるケースも多いですので、必要以上に神経質になる必要はないでしょう。

ただし、あまりにも悪い場合は、この限りではないのは言うまでもありません。

例えば、少し前の典型的な例は、大塚家具(8186)です。

 

 

株主対策として、配当を倍増したが、業績は大赤字。

減配は、むしろ必然だったと考えるべきでしょう。

今後も、同様のケースが出てくる可能性も有りますので、決算発表では、そのような観点でも判断するようにしてくださいね。