順張りと逆張りは、どっちが勝てるか?

stock-whick-trade

順張りと逆張りは、どっちが勝てるか?

 

おそらく、投資を繰り返しているうちに、多くの人が一度は疑問に思うことが、この「順張りと逆張りは、どっちが勝てるか?」ということではないでしょうか。

 

実は、この答えは、1つではありません。

 

なぜなら、投資期間と投資資金の組合せによって、それぞれ状況が異なるからです。

 

ということで、投資期間ごとに、「順張りと逆張りは、どっちが勝てるか?」を検討してみたいと思います。

 

短期投資(トレード)

投資期間が短期の場合は、かなりの確率で、「順張りが勝てる」ということになります。

考えてみれば、すごく当たり前のことです。

例えば、株価が上昇している時の「順張り」は、流れに飛び乗るように買って、その流れが止まる直前で飛び降りるように売ることになります。

これを流れに逆らって、売れば(=逆張り)、売った途端に、含み損を抱える形になりますから、短期だと勝てないというのが容易に理解いただけることでしょう。

 

中長期投資

投資期間が中長期の場合は、少し複雑です。

なぜなら、株式市場には、大きな波が一定周期で訪れるからです。

つまり、株式市場は、下げ続けることもなく、逆に上げ続けることもなく、下げたり上げたりを繰り返す大きな波と小さな波を織り交ぜながら、常に変化しているからです。

ということは、買った当初は、上昇トレンドで、その上昇の波に乗って、「順張り」で買ったつもりが、いつの間にか、流れが変わって、下降トレンドに転換している可能性もあるわけです。

逆に言うと、下げている途中に、「逆張り」で買ったとしても、その内、トレンド転換して、上げに転じる可能性もおおいにあるということにもなります。

ただし、下げはじめに、「逆張り」で買い、その後、ずっと、塩漬けにしていた場合のようなケースでは、自分の買い値まで戻るのに相当な期間を要する可能性もおおいにあります。

したがって、以下の条件を満たす場合は、かなりの確率で「逆張りが勝てる」ということになるかと思います。

  • 信用リスク(≒倒産リスク)が低い銘柄を投資対象
  • 投資資金が潤沢にあり、株価の下げに合わせて、ナンピン買いし、取得単価を引き下げることが可能

言うなれば、倒産する可能性が限りなく低い銘柄を、安い株価で大量に保有することになりますので、中長期投資であれば、その内、株価は、上昇転換するはずですので(相場は不定期な周期ながら、上げ下げを繰り返すので)、勝てる可能性が高くなるということです。

 

まとめ

  • 短期投資の場合は、「順張りが勝てる」可能性の方が高い。
  • 中長期投資の場合は、「逆張りが勝てる」可能性の方が高い。ただし、信用リスクが低い銘柄を安い平均取得単価で取得できた場合。

 

【関連記事】株式投資で、損切りは、必要か?不要か?