株式投資での勝敗を分ける、たった一つのコト

stock-win-or-lose-1

株式投資での勝敗を分ける、たった一つのコト

 

あなたが既に株式投資を行っているのでしたら、あなたが、勝ち組投資家であるか、そうでないかは、たった一つのコトを質問すれば分かります。

 

その質問とは、以下のようなものです。

  • どんな状況でも勝てる投資戦略がありますか?

 

投資戦略という名前でなく、投資プラン、もしくは、投資ルールといったような類いでも、もちろん構いません。

 

要は、IN(イン)からOUT(アウト)までの想定し得る全ての状況においての、明確な戦略がありますかということです。

 

もちろん、勝てるものでないといけません。

 

また、自分の都合の良い状況だけを想定したものではいけません。

 

 

YESの方

おそらく、あなたは勝ち組投資家でしょう。もしくは、勝ち組投資家になれるでしょう。

 

私から言うことは何もありません。

 

 

NOの方

おそらく、あなたは勝ち組投資家ではないでしょう。もしくは、今後、勝ち組投資家でなくなる可能性が高いでしょう。

 

 

と、このように断定すると、多くの反論があるかもしれません。

 

 

 

投資戦略がなくても勝つことは可能か?

 

結論からいうと、難しいでしょう。

 

これを説明するには、プロ野球を例に説明すれば分かりやすいのではないでしょうか。

 

プロ野球の場合も必ず試合毎に戦略を立てるハズです。

 

もちろん戦略を立て、その指揮を執るのは監督です。

 

ある程度の軸となるものは当然あるとは思いますが、それでも、天候や相手の戦力を含めて総合的に考えて、試合の中で、「こういった場面では送りバントをする」といったことを予め決めて試合に臨むはずです。

 

決して、その時の思いつきのみで、一年を通して戦うということはないはずです。

 

これと同じことです。

 

プロ野球と株式投資では異なる部分も当然あります。

 

しかし、根本的な部分でいうと同じです。

 

何も、これはプロ野球に限ったことではなく、勝ち負けのある世界では、全て同じです。

 

もちろん、圧倒的な能力差があれば、戦略など必要ないのかもしれません。

 

ただ、株式投資の世界で、圧倒的な能力差というものは、個人レベルで見れば、ほぼ無いに等しいです。

 

よって、投資戦略は必須と言っていいでしょう。

 

もし、投資戦略がないというのであれば、是非、一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。