電気が1日使えない状況になり人生と投資に対する考え方が変わりました

北海道地震ならびに台風21号の被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

かくいう私も、その内の1名にあたり、小規模な被害と、電気が1日使えない状況になりました。

お亡くなりになられた方や重大な被害に遭われた方が多数いらっしゃるなか、電気が1日使えない状況ぐらい、たいしたことではありません。

ただ、電気が使えなくて、いつ復旧するかも分かりませんでしたので、次第に何もすることができなくなり、頭の中で、いろいろなことを考えていました。

そのような中で、今後のブログ運営についても、少し軌道修正したいと考えています。

その辺りの一連について、以下のような記事にしてみました。

 

 

日々の暮らしについて

普段、何気なく使っている「電気」ですが、今や私たちの生活に欠かせないものだと、今さらながら痛感しました。

電化製品は、もちろんのこと、ガスに関しても、ガスコンロは使えるのですが、お風呂(厳密には給湯器)が使えないという有り様。

まあ、これも、ガスや水も止まっている地域がありますので、贅沢は言えません。

水、電気、ガスは、「ライフライン」と呼ばれるように、まさに「生命線」なのだということを、改めて思い知らされました。

こういう時には、「普段の何気ない日々の暮らしが、実は、幸せなことなのだ」と考えずにはいられませんでした。

 

 

人生について

今回のような災害が起こる度に、思うことがあります。

それは、「人生とは、何なのだろう?」ということです。

私たちの誰一人として、いつ何が起こるか知る由もありません。

極端な話、明日、いや、次の瞬間にも、人生の幕を下ろす可能性もゼロではないわけです。

「悔いのない人生を送る」と、口で言うのは、簡単ですが、「では、自分にとっての、悔いのない人生とは?」と考えると、様々な想いが頭の中をグルグルと駆け巡るだけで、明確な答えが見つからないというのが、正直なところです。

ただ、強いて言えば、「人生は有限であるというのが腑に落ちた」のは、たしかです。

今後は、人生は有限であるということを再認識し、今この瞬間の時間を大切に、可能な限り、「やりたいこと」を優先して行っていきたいと強く思いました。

 

 

投資について

私の場合は、メインは高配当株の長期投資ですので、今回のような災害が発生して、パソコンやスマホをいじっている場合ではないようになっても、たいした影響はありません。

また、同時並行で行っている信用や先物取引に関しても、有効期限を最大限にして、「逆指値注文」と「リレー注文」を常時入れている状態にしていますので、1週間程度なら、何も触らなくても問題ないようにしています。

とはいうものの、連続して、大きな値動きがあった場合には、これらの注文も半自動で行われてしまって、次の一手は、私が考えて打つ必要があるケースも考えられます。

したがって、この辺りについては、よりリスクを抑える方向に、枠組みを変更することを念頭に、再検討したいと考えています。

リスクを抑える考え方は、皆さんにも参考になるかと思いますので、内容を整理してから、ご紹介させていただきます。

 

 

ブログ運営について

ここ最近は、朝方に、その日の投資・トレード方針を、夕方以降に同投資・トレード結果を記事にして掲載していました。

そのようにしていたのは、その方が、万人受けが良い為です。

ただ、私の場合は、毎日、活発に売買しているわけではありませんので、時間の有効活用という意味でも、「投資・トレード方針」と「投資・トレード結果」は、週間ベースに変更させていただきます。(どのみち毎日同じような内容でしたので・・。)

そして、毎日の記事に関しては、先程ご案内したような皆さんに参考になるような投資の仕組みというか全体の枠組みのような投資手法に関するものや、その時々の旬なニュース等を基に、コラム的な記事を掲載していく予定です。

引き続き、何卒よろしくお願いいたします。